« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.30

4/30鑑賞 よいではないか

【5】魔法少女隊アルス #04
【5】おじゃる丸[第7期] #20
【5】金色のガッシュベル!! #51 OP変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.29

4/29鑑賞 燃える正義の熱血α波に不可能は無い!

【5】PEACE MAKER 鐵 #20
【6】住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー #12 [最終回]
【3】シスター・プリンセス~リピュア~ #03
【-】アボンリーへの道 #39
【9】おじゃる丸[第7期] #19 喋り捲るカメトメ良過ぎ。
【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.28

4/28鑑賞 美鳥「私はお人形じゃ無いんですよ」

【8】美鳥の日々 #04 フィギュアオタクの高見沢登場、最後に記憶が飛んで性格まで変わってたけど次回以降もあの性格のままなのだろうか?何かと妄想癖の有る人物多くて楽しいぞ。コスプレして遊んでいる美鳥萌えぇ、美鳥って割と脳天気だけど時として見せる誠実だったり健気な所が凄くいい。
【6】天上天下 #04 亜夜と千秋のエロエロ、宗一郎の修行、真夜の心情変化、真夜に敗れた竜崎はもはやプロレス野郎の噛ませ犬状態。
【3】DAN DOH!! #02 俺は挑戦者ばい
【4】神魂合体ゴーダンナー!!2nd #17
【5】勇午~交渉人~ #09
【6】ケロロ軍曹 #04 ギロロ登場。
【6】おじゃる丸[第7期] #18
【4】陸奥圓明流外伝 修羅の刻 #04


今日から8日間の黄金週間、少し時間も出来て久しぶりにMMORPGをやりたくなったのでリネージュIIを始めてみる。現在βテスト中で無料だし。
UO引退から四ヶ月、UOも会社の後輩の薦めであったが今回も後輩の薦めである。しかしどの鯖でやってるか聞いてなかったのでパーティー組めないかも、まぁいいか。とりあえず鯖はOpen Beta 6を選択。
リネージュII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.27

4/27鑑賞 真実はワインにあり

【6】おじゃる丸[第7期] #17 小鬼トリオにこま犬達が助っ人に!でも声優3人。
【4】アムドライバー #03 「この世で大切なものは、タイミング!」と言って民間人が襲われているのを限界まで待ってギリギリのタイミングで助け出すパフ達アムドライバー、その事に疑問を持つセラは同じ疑念を抱いているジェナスと一時行動を共にする。主人公達が疑念を持って良かった、この世界観のまま玩具売りたさに突っ走られたらどうしようかと不安だったよ。
【3】花右京メイド隊 La Verite #04 何なんだあのガンダムハンマーのようなイヤリングは。
【5】ヒットをねらえ! #08 [最終回] コス打ち切りで続きはビデオで。それってハッピーエンド?
【4】恋風 #02
【6】MONSTER #03
【7】攻殻機動隊SAC #15 荒巻の凄さを再認識できる回。
【5】.hack//黄昏の腕輪伝説 #03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.26

4/26鑑賞

【6】おじゃる丸[第7期] #16
【8】モンキーターン #16 波多野勝負掛けレースで洞口を下す。
【5】RAGNAROK #02
【-】アボンリーへの道 #38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.25

4/25鑑賞 どうしても死ぬための子守唄を私に与えてください

【7】宇宙のステルヴィア #25
【7】宇宙のステルヴィア #26 [最終回]
【7】鋼の錬金術師 #29 エドの言う真理のドアにエドの右腕と左足を持つ男の子の登場。もしかしてこの先展開しだいではアルの体を持つ奴とかも登場するのか?
【7】光と水のダフネ #09 グロリアの“ガン”話。朴「心配無いあいつの目は節穴だ」の言葉が表すように単純なグロリアはマイアの書いたヘボシナリオにのせられて夢を実現しようとする。グロリアのちょいと良い面も垣間見れたりラストの暴走っぷりや落ちもグロリアらしくて楽しい。一番の被害者はつかさ、病院のベットに口半開きで横たわる様が哀れ。
【5】ふたりはプリキュア #13 ポイズニーとキリアは姉弟。ラストの化学研究会の発表シーンはちょっぴりいい話。
【4】テニスの王子様 #129 15年前の南次郎の話。
【-】アボンリーへの道 #35
【-】アボンリーへの道 #36
【-】アボンリーへの道 #37
【4】ワンピース #190
【4】火の鳥 #04 黎明編終わり、結局何が言いたいのか解らないんだよな。
【5】まっすぐにいこう。['04春] #03 ハスキー犬の源さん
【5】まっすぐにいこう。['04春] #04 コリー犬のジャックは世界を股に駆けるタネ犬。

★DVD「野坂昭如戦争童話集『凧になったお母さん』」昨年の夏、終戦記念日に放送された作品。観逃していたのがDVDで発売されたので買ってきました。野坂昭如のアニメと言えば“火垂るの墓”ですが、この作品もそういった戦中の悲話。「カッちゃん、もう眠りなさい。お母さんが抱いててあげるから・・・おやすみなさいカッちゃん。」
凧になったお母さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.24

4/24鑑賞 鳴り響け僕のメロス!

【5】この醜くも美しい世界 #04 現在の物語り進行役だけどジェニファーが鬱陶しい。でも他のキャラは紛らわしい発言が楽しげ。
【5】忘却の旋律 #02
【6】絢爛舞踏祭ザ・マーズ・デイブレイク #04 ここまでで物語導入部って所でしょうか。
【6】今日からマ王! #04 ママさんちょっといいかも。

うさみみOFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.23

4/23鑑賞 九鬼様「無駄にデカイのう」

【7】おじゃる丸[第7期] #15 うすいと貧ちゃんの話は好き。
【-】激☆店 嘉陽愛子 凄く個人的な理由で三重野瞳のマスコットの名前が何とも(汗)
【5】金色のガッシュベル!! #50
【5】魔法少女隊アルス #03

★DVD「らいむいろ戦奇譚 南国夢浪漫 前編(初回限定版)」購入。先生争奪の恋のドタバタで予想通り故に期待通り。九鬼様や三人組のマイペースさも期待通りの楽しさ。
・「凛花」PV、綺麗に仕上がってるのでアレさが無くなっていっぱいいっぱいさがなくなってるのが残念と言えば残念(笑)でもステージで歌ってるのは他DVDで有るからいいか。白制服で黒バックに日本刀持ってるシーンは格好良い!!他には凛花振付教室、メイキング収録。
・おまけミュージックCD、1トラックにらいむ隊の歌う「学園天国」が収録されてて、2トラック以降に収録現場を百々麻子さんがレポートしてるのですが愛ちゃんだけ居ない!と言う訳で愛ちゃん抜きのらいむ隊のトークが20分位収録で、なんだかなぁ。で愛ちゃんはと言うと別トラックで別録りで同じ質問とかのトークを一人喋り・・・何かかなり寂しい雰囲気です。どうにか成らんかったのか?
らいむいろ戦奇譚 南国夢浪漫 前編(初回限定版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.22

4/22鑑賞 あ~ん、花穂の頭に咲いちゃダメぇ

【5】PEACE MAKER 鐵 #19 鉄之助「俺はな、ダチの事は名前で呼ぶ主義なんだよ」
【6】おじゃる丸[第7期] #14
【4】シスター・プリンセス~リピュア~ #02
【5】住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー #11
【6】勇午~交渉人~ #08


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.21

4/21鑑賞

【6】美鳥の日々 #03 正体がバレないように人形のふりして胸を触られても目に涙溜めながら耐えてる美鳥萌えぇ、マジ健気で萌え萌えぇ。正治の姉の登場と過去話。
【5】おじゃる丸[第7期] #13
【3】陸奥圓明流外伝 修羅の刻 #03 余りにも見所が無さ過ぎる。
【6】天上天下 #03 棗妹のアレな声にも慣れてきて相関図の下地も見えてきて、ちょいと面白くなってきましたよ。棗姉の本気のバトルシーン見たいぞ。
【4】神魂合体ゴーダンナー!!2nd #16
【-】DreamFactory #03 ナレーターの喋りが余りにもムカつくので今回で俺的最終回。
【6】ケロロ軍曹 #03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.20

4/20鑑賞 ファインに決めな!

【3】花右京メイド隊 La Verite #03
【5】プラネテス #25 事件から半年後の話。ハチマキとタナベ中心に後日談。
【6】プラネテス #26 [最終回] 後日談2その他の人達。ノノちゃんの素直さはハキムの荒んだ心さえも癒す、ノノちゃん最高ぉ~!!
【7】光と水のダフネ #08 マイアテストドライバーに。テンポもいいし可笑しいぃ。最後は爆弾の爆風で加速したように見えるがあれでも勝ちなのかよ(笑) 体張ったギャグ多いよな。
【4】RAGNAROK #01 タキウス「今日闘わない人が明日闘うと言っても私は信じません」
【2】ぷぎゅる #02
【5】恋風 #01 連続大河予告“千鳥がゆく”が面白い。
【4】DAN DOH!! #01
【5】.hack//黄昏の腕輪伝説 #02
【6】まっすぐにいこう。['04春] #02 金田朋子の犬
【5】ヒットをねらえ! #07 コスの製作話数がリアルを超えてしまった・・・
【5】おじゃる丸[第7期] #12
【3】アムドライバー #02 人間には反応しないでアムエネルギーに反応する侵略者、モスピーダのインビットのようですな。敵方アムドライバーの女戦士シャシャがmycoさんだ。
【6】MONSTER #02 医療物にミステリー要素を追加。
【6】攻殻機動隊SAC #14 タチコマがドナドナ歌ってるよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.19

4/19鑑賞

【6】モンキーターン #15 澄って寝起き悪いのか?
【3】おじゃる丸[第7期] #11
【-】Club AT-X #44

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2004.04.18

4/18鑑賞 自分を信じて、友達を信じて、仲間を信じて

【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #07
【-】アボンリーへの道 #31
【-】アボンリーへの道 #32
【-】アボンリーへの道 #33
【-】アボンリーへの道 #34
【-】激☆店 斉藤千和のデビュー話、千和ママ伝説!
【5】魔法少女隊アルス #02
【4】火の鳥 #01
【5】今日からマ王! #03 骨飛族なんかいいかも。水洗トイレが異世界へのゲートなのか!?そこから出入りするのか?しかも女子トイレ!
【5】絢爛舞踏祭ザ・マーズ・デイブレイク #03 ベスがRBに搭乗しているのがグラムだと思い込み説得するシーンが良い感じ。
【3】テニスの王子様 #128 越前「You still have lots more to work on.(まだまだだね。)」何故英語で言う!?“侍の目だ”と言いながら何故英語を喋りだすのか、坂本竜馬ですか?そして今まで見てきた敵の技を次々と使い出す越前、それで通用しちゃうんですか・・・。で青学優勝全国へ。
【3】レジェンズ~蘇る竜王伝説 #03 シュウ「寝てみる夢は夢じゃないのよ」
【5】ぴちぴちピッチ #51 波音の海月を想う気持ちが沙羅の心を蘇らさせ、沙羅の歌が海月の心を戻し、海月の告白が沙羅の憎しみの気持ちを消し、そして波音は海月がら身を引くのでした。波音萌えぇ。沙羅の為に地上を滅ぼそうとしていたガイトは沙羅の裏切りに世界全てを滅ぼそうとする。結局は沙羅と海月の関係のこじれがここまで自体を悪化させた原因な訳ですなぁ
【5】金色のガッシュベル!! #49
【4】火の鳥 #03
【5】ふたりはプリキュア #12 ほのかのお婆ちゃま只者じゃねぇな、何か過去に因縁ありそう。お婆ちゃま「信じて信じるの。自分を信じて、友達を信じて、仲間を信じて。」メップル「メップルはなぎさの事信じてるメポ」今日のテーマは“信じる”ですな。そしてお婆ちゃまにバレて無いと半分自分に言い聞かせるように言うほのかに、一番気にしてるくせにと ほのか嘘を見抜くなぎさ、二人はもうそんな関係に!変身中に逃走するポイズニー、ありえなぁ~い(笑)お婆ちゃま「とっととお家に帰りなさい。なぁ~んてね」
【4】鋼の錬金術師 #28
【4】忘却の旋律 #01 「“がねっ娘”って言うな」 “がねっ娘”って“めがねっ娘”の事でしょうか?
【4】宇宙のステルヴィア #24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.17

クレヨンしんちゃん舞台挨拶

◎映画『映画クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ & 初回舞台挨拶』観てきました。[有楽町マリオン日劇2] 9:50-
舞台挨拶出演:矢島晶子,ならはしみき,藤原啓治,こおろぎさとみ,NO PLAN(内村光良,さまーず,TIM,ふかわりょう)
映画感想:今度の“クレしん”は西部劇、見所はかすかべ防衛隊の活躍にクライマックスのアクション、西部劇の悪ボス(小林清志)とか昔の西部劇のキャラに似せてあったり、声がその俳優の吹き替えをやっていた人だったりと判る人が見たら判る演出とか、今回のヒロインのつばきちゃん(斉藤彩夏)が儚げだけど心の強い娘でその心境の変化や勇気にも注目、つばきちゃんの「がんばって!」は最高です。映画“クレしん”ならではの最後にちょっちぴ切ない場面も有り観てよかった面白かったです。それとこの映画は映画館で観ろ!!テレビ画面で観ては得ることの出来ない効果(音響や大画面と言う意味では無い)や思いが映画館では味わえる。ひまわりの出番は非常に少なかったです・・・
舞台挨拶感想:各声優の一言挨拶の後にNO PLANの面々の登場、生で映画主題歌の「○あげよう」を歌う。今年の“クレしん”の舞台挨拶は歌が有った分声優のトークの時間が短くて残念。内村プロデュースのテレビ番組との連動取材とかあって芸能ファン系の方々を沢山見受けられたな。声優陣のトーク内容は野原一家が埼玉県春日部市に住民登録をされた話とか、さとみさんは「何言ってもいいんですよね?」とことわった後に「ひまわりの出番が少ない!」と訴えてました(笑)
夕陽のカスカベボーイズ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/17鑑賞

【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #01
【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #02
【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #03
【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #04
【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #05
【-】HUNTER×HUNTER グリードアイランド編 #06
映画待ちの時間にノートPCでHUNTER×HUNTERの一気観(笑)

★GAME「GBA ファミコンミニ スーパーマリオブラザース」東京までの往復間の暇つぶしの為に購入。
スーパーマリオブラザース
ファミコン現役時代は普通にクリア出来てたのに、流石に全く面忘れてるしやられまくりだ。

こんな訳で外出してても暇なときはアニメとゲーム三昧。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.16

4/16鑑賞

【4】この醜くも美しい世界 #03
【6】おじゃる丸[第7期] #10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.15

4/15鑑賞 衛「兄ぃ、僕の匂いかいでみる?」

【5】PEACE MAKER 鐵 #18 いよいよラストに向けて事が動き出す感じ。山崎烝「たとえ死ぬような事になろうと、それが仕事やったら止める道理はねぇ」そして女の武器を利用し情報収集をしていた山崎歩が・・・。この作品に出てくる女性キャラって忍びと芸妓ばかりなので必然と陰の部分があって生き様が重い。
【6】おじゃる丸[第7期] #09 星野。
【5】勇午~交渉人~ #07 ロシア編開始、パキスタン編よりよさげ。相変わらず描写が細かい。
【3】住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー #10
【4】シスター・プリンセス~リピュア~ #01
【6】ケロロ軍曹 #02 タママ登場。
【5】.hack//黄昏の腕輪伝説 #01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.14

4/14鑑賞

【7】美鳥の日々 #02 表情がコロコロ変わる美鳥萌えぇ。美鳥の本体と対面、悲しい雰囲気、そして爆笑!こんなハプニングな展開になるとは良過ぎる!!
【-】DreamFactory #02
【4】神魂合体ゴーダンナー!!2nd #15
【5】おじゃる丸[第7期] #08 大きくなるよ小さくなるよ凄いよ
【5】天上天下 #02 ヒロインの棗亜夜の声がまだまだ馴染めないよぉ、姉の真夜は大好きですが。まぁ姉だけじゃなく主役とヒロイン以外は実力者揃いですがね。
【7】攻殻機動隊SAC #13 徐々に自我が出てきて最近タチコマやばくねぇ?と思ってたら。遂にこんな展開に!
【4】陸奥圓明流外伝 修羅の刻 #02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.13

4/13鑑賞 ゴーゴー由乃、イケイケ由乃

【4】花右京メイド隊 La Verite #02 アイキャッチの丼食ってる慈悲王リュウカが素敵。
【8】マリア様がみてる #13 [最終回] これを最終回というにはあんまりな感じ、もっと続けて~もっと祐巳ちゃんや由乃さんを見たいぃ!物語が完結して終わりじゃ無くて、数エピソードのアニメ化と言う訳ですか。静「不意を付いて出た言葉は真実の近くにある」白薔薇デートには関心は無いけど、ちさと「でも玲様、気付かずに私の事5回由乃って呼んだ」黄薔薇デートの由乃さんの嫉妬ぶりからこの展開は良かった。赤薔薇デートもこの微妙な初心な関係がこそばゆくて堪らないです。
【5】おじゃる丸[第7期] #07 シワの具合が悪いタナカヨシコ(笑)
【4】ぷぎゅる #01 「ボランティアでメイド活動をしているチェコです、メイドの国からやってきました」
【5】ヒットをねらえ! #06 コスのCDはリアルでは未だ発売されてない訳で、売れ行き好調と言うのは希望的観測でしょうか?(笑)
【3】アムドライバー #01 「やっちゃるぜ!」ださ・・・。バグシーンって敵だよな?戦ってるんだよな?これってゲームしてるんじゃ無いよな?ラグナ「摘まれたいのさ」「連中はよ、ハートをグッ!!と掴まれたいのさ」。一般の人って平和とかより格好良さとかヒーロー性求めてる!?これってめちゃめちゃ笑える作品?苦笑って意味で・・・
【7】MONSTER #01 医療物で重めのストーリー。エヴァ「当たり前よ、人の命は平等じゃ無いんだもの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.12

4/12鑑賞

【4】おじゃる丸[第7期] #06
【7】モンキーターン #14 洞口「レースを走る以上常に一つでも上の着を狙わなきゃレーサーとは呼べねぇ!二着を守るなんてのはトップを諦めたと同じことだ!」熱いねぇ
【-】アボンリーへの道 #30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.11

4/11鑑賞 キュアブラック「もういい加減にしてぇ!!」

【5】ふたりはプリキュア #11 今回の見所、ブラックが弟の亮太をかばい、そこに瓦礫が落ちてくる所をホワイトが助けるシーンとそこから始まる涙しながらのブラックのアクション。思わずホワイトが顔をしかめる位強く手を握り発動するプリキュアマーブルスクリューのバンクシーンになっても涙を浮かべてるブラック。物語的には大した展開ではなかったがゲキドラーゴを撃破するには相応しい闘いっぷりだった。闇の部下5人で1人5話前後、部下全員倒すのに放送半年分? 8月位には新展開に新アイテム!?
【3】レジェンズ~蘇る竜王伝説 #02 もう観るの止めようかな。
【5】銀河鉄道物語 #26 [最終回] いいセリフとかも有るんだけど、列車だけで戦闘する違和感が最後まで払拭できなかった。戦闘車両とか有ってもそれはそれで良いんだけど、列車のみってのが理解できない。人類側には戦艦とか何故無いのか?最初の頃にあった主役の嫌な面は後半無くて観やすかったんだけど、この違和感のせいで最後まで感情移入が出来ずに醒めて観てた。
【-】Club AT-X #43
〔5〕青春ラジメニア[4/11]
【5】光と水のダフネ #07 娘に良い所を見せようと茶番劇を演じる支店長。「直ぐ銃をぶっ放す馬鹿」「怪力暴力女」「メカおたく」「何の役にも立たないお荷物娘」「狡賢くて色ボケのお局様」全部正解じゃん!
【5】今日からマ王! #02 魔王と認めないヴォルフラムに力を示す話。
【2】テニスの王子様 #127
〔6〕みか・もりしゃんのぴんくだよ!ぶらっくドラゴン[4/10] めるめるめるめー
【2】がぁ~でぃあんHearts #02
【3】がぁ~でぃあんHearts #03
【4】火の鳥 #02 今更と言うか古臭い感じがするのは否めない。少し前にAT-Xでやっていた著名作家シリーズを観ているかのようだ。
【-】アボンリーへの道 #27 ヒロインが丹下桜に代わった・・・
【-】アボンリーへの道 #28
【-】アボンリーへの道 #29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.10

4/10鑑賞 藍色パールボイス!イエローパールボイス!

【-】アボンリーへの道 #24
【-】アボンリーへの道 #25
【-】アボンリーへの道 #26
【6】ぴちぴちピッチ #50 ラストを目前に作画にも気合が入ってますが、しかしガイト城の門前でのるちあと波音のあの丸顔は何?(笑)。囚われのマーメイドプリンセス、ノエルとココを助け出し(やっと南太西洋のマーメイドプリンセス ココ登場ですよ)7人のマーメイドプリンセスが一所に集結するもインド洋マーメイドプリンセスの沙羅だけは依然とガイト側に組する。るちあ「6つの真珠の輝きはどんな闇にも負けないわ!あなたを明るく照らしてあげる!」と6人で『KODOU ~パーフェクト・ハーモニー~』を歌うも6人のぴちぴちボイスではガイトに通用しない!つまり勝負の行方は沙羅の動向しだいという事ですな。
【6】鋼の錬金術師 #27 アルとエドの師匠登場。命の練成について、その事の重大さを常に意識させ、この作品のテーマとしてメインに据えているので軽々しいバトル物に成らずに良い作品に仕上がっている。今回もそういう一面を少し見せつつアル&エドの師匠との出会い話が描かれた。
【4】宇宙のステルヴィア #23 ジェネシスミッションに向けてステルヴィアは土星に移動。しーぽんは今日も泣く。
【6】戦闘妖精雪風 #01
【5】戦闘妖精雪風 #02
【6】戦闘妖精雪風 #03
【7】戦闘妖精雪風 #04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.09

4/9鑑賞

【4】おじゃる丸[第7期] #05
【-】激☆店 徳永愛
【5】この醜くも美しい世界 #02 ヒカリ「私ここに居ていいんですね、私はヒカリでいいんですね」可愛いんだけど俺的に萌えじゃないんだよなぁ
【7】攻殻機動隊SAC #12 タチコマがおかしくなって行く。
【7】絢爛舞踏祭ザ・マーズ・デイブレイク #02
【-】アボンリーへの道 #23 X夫人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.08

4/8鑑賞 刮目して待て

【5】PEACE MAKER 鐵 #17 ほたる「これって何?」「あれぇ~開いちゃったぁ。えへ、まぁいいかぁ」「これも邪魔だから剥いじゃった~」と知らずしらずに八門遁甲の術を破るほたる。「ほたるはぁ~ 沖田様の事大好きでしたぁ~」ほたる萌えぇ
【4】住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー #09
【5】おじゃる丸[第7期] #04 田村家は皆ちょっと変わり者だが、一番変なのは愛ちゃんだと思う。
【3】ミルモでポンわんだほう #01 こんどはクリスタル集め。
【6】ケロロ軍曹 #01
【4】陸奥圓明流外伝 修羅の刻 #01 初回らしいもったいぶった展開ですなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.07

4/7鑑賞 うるとらまりんだっちゅー

【7】美鳥の日々 #01 右手が女の子!右手が恋人!これまた色々な事を想像出来る楽しげな設定です(笑)。二人の女の子がファンですと近づいてきた時にはまたまたぁそういう展開?と押し掛け恋人的ライバル合戦物かと思ったがそうじゃなかった。美鳥が身を挺して主人公を守ったシーンはちょっぴり感動。その後のやり取りの美鳥のいじらしさが堪りません!美鳥「約束は守ったよね」「声出さなかったよ、私」美鳥萌えぇ。美鳥の本体?はヤバイ状態のようだしこの先の展開が気になります。
【3】おじゃる丸[第7期] #03
【5】天上天下 #01 絵は綺麗だけど萌える絵ではないなぁ目がなぁ。「謎のじじい言葉の小学生」から「むちむち水商売系ボディコン女」に変身出来る棗の姉の方は楽しげだが。
【-】DreamFactory #01 野川さくら、吉沢かおる、JAMプロジェクトの密着レポート風味ですか、それは良いんだけどナレーターがムカつく癇にさわる、何とかしてくれ。
【3】花右京メイド隊 La Verite #01
【3】神魂合体ゴーダンナー!!2nd #14 1stの総集編。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.06

4/6鑑賞 夕菜「キシャー!!」

【6】ヒットをねらえ! #05 “コス∞プレイヤー”を観てて何じゃこりゃって思ってたのが全て許せてしまう素敵な補完番組。生田「この夏のコスは太陽より燃え上がるんだから」
【9】まぶらほ #24 [最終回] 夕菜も玖里子も凛も千早も萌え萌えだぜ!!管理人や紫乃の関係も明かされすっきり、千早vs玖里子&凛の魔法の攻防も見応えがあり素晴らしい。千早「あなたに何がわかるの!最後の魔法を使わせたあなたに何がわかるの!」あぁもう幼千早が堪りません!!千早「人間に戻ったら馬鹿は治るかも知れないけど」ってやっぱり一度死ぬと馬鹿は治るのか?(笑)玖里子に抱きつかれギャグ顔&赤面の凛ちゃん萌えぇ。そしてラストシーン、夕菜「お願いがあるの」千早「私たちの事皆の事忘れないで」二人「約束だよ」千早「私の事絶対忘れないで(ちゅ!)」夕菜「もし忘れたら思い出すまで離れません(ちゅ!)」夕菜「忘れないでください和樹さんは世界一の魔術師です」そこで流れるEDが葵学園3人娘(夕菜、玖里子、凛)バージョン、いいですいいです。で、エピローグは何時ものドタバタに戻って結局どうなったのかを焦らしつつもきちんと後日談になってて良い感じで終わりましたなぁ。集団式森は予想外です(笑)そして最後の最後に妙な髪飾り付けた頭がずっと出てるなぁと思ったら転校生で新キャラかよ!舞穂「お兄ちゃん優しんだね、舞穂がお嫁さんになってあげる」。“式森レーダー”とか“夕菜キシャー”とかネタの小道具が数話前から使われてたり“まぶらほ”後半は予想外に楽しく、思わずドラゴンマガジン5月号を買って夕菜特製フィギュアを手に入れたくなる位良かった。
【3】おじゃる丸[第7期] #02 ちっちゃいちっちゃいものクラブはどうもねぇ
【6】北へ。~Diamond Dust Drops~ #12 [最終回] 各話独立していたキャラの総出演の後日談。森永まふゆってキャラだけ新キャラだが多くは語られず出てきただけ、きっとゲームでは1エピソードあるのでしょう。
【7】マリア様がみてる #12 皆顔が違う何か可愛くなってる。いばらの森のような深そうな話よりこんな軽い面白おかしい話の方が私の好みだな。予算三千円かぁ何かホッとするな、薔薇さま方何て三千円って雰囲気じゃないからなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.05

4/5鑑賞

【4】おじゃる丸[第7期] #01 おぉ、裁きを待つ亡き者が一掃された!!
【5】モンキーターン #13 愛知の巨人洞口武雄
【3】勇午~交渉人~ #06 パキスタン編終わり。描写は結構リアルだったりするが、だからと言って面白い訳では・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.04

4/4鑑賞とメロキュアイベント

【6】ふたりはプリキュア #10 ほのか萌えぇ。なぎさのおでこに十円とかほのかパパの顔に窓枠の痕とか会話で語られないけど表現されてて良い感じ。
【4】レジェンズ~蘇る竜王伝説 #01 個性的な作風ですがそれが面白さに繋がるかどうかは続けて観ない事には判断しにくい、子供向けだし。主役が自分の立場を理解しないと始まらない感がある。
〔5〕青春ラジメニア[4/4]
【6】ワンピース #189
【4】銀河鉄道物語 #25 派手に交戦してドンドン犠牲が出て、これが銀河鉄道でやりたかった事?
【4】BURN-UP EXCESS #13 [最終回] ウォーリアーズって解散する運命なのね。

◎イベント『メロキュアファーストアルバム発売記念インストアライブ』[HMV三ノ宮]14:00-
出演:メロキュア(岡崎律子,日向めぐみ)
雑感:昨年のインストアライブに続いて今回も参加。歌った曲は3曲で最後の曲はメドレー。歌トーク歌トークと交互に30分と短いライブでしたが良いイベントでした。前回も日向さんは言ってましたが“HMV”は“日向めぐみヴィクトリー”の略だと言い張ってました(笑)。CDは発売したら買う気だったがイベント先で買おうと今まで待って今日買いました。下の絵は今回限定特典の日向めぐみデザインのステッカーで岡崎さんが歩きタバコの人を見たときに跳び蹴りをかましたくなるという事から発想したデザインらしい。髪が長い方が日向さん。ライブ直前とかこれから何かをって時には岡崎さんが日向さんの手をギュッて握ってくるとか。もう何だか“ふたりはメロキュア”って感じです(笑)
melocure.jpg

★CD「メロディック・ハード・キュア [メロキュア]」購入。今までのシングル等から8曲、新曲8曲と16曲収録、未だ発売されていないOVA“ストラトスフォー”のED曲も入ってお得です。
メロディック・ハード・キュア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.03

4/3鑑賞 愛さえあれば・・・

【7】プラネテス #24 交戦は取引で収集、これはテロに一部でも屈したことになるのでは!?フォンブラウンの件はこれで終了でしょうか。そんな中で田辺が月面で遭難、負傷しているクレアを抱え酸素が尽きる!これから田辺とハチマキの件に焦点が絞られ語られるのでしょうか。二人とも修羅の選択を迫られ鬼気迫るものが有り、まだまだ最終回まで予断を許さない展開に安心できません。
【4】カレイドスター #51 [最終回] 最後に客席からも乱入で大道芸大会になってしまったよ・・・。フールがロゼッタに引き継がれた。「私の夢になってよ」
【4】この醜くも美しい世界 #01 色々な面でまほろちっくな作品、まほろ好きなら期待しちゃうのですが・・・1話の見所、服を着せられたときのヒカリの仕草萌え。
【4】今日からマ王! #01 「おめでとうございます。今日からあなたは魔王です。」
【4】ぴちぴちピッチ #49 新曲ライブでブラックビューティーシスターズを撃退、ガイトを裏切っておきながら最後に助けを求めるなよ。正体はアンコウですか。
【2】金色のガッシュベル!! #48 物語の谷間ですよ。25分使って次回予告程度の内容。
〔6〕みか・もりしゃんのぴんくだよ!ぶらっくドラゴン[4/3] しんねんど
【5】鋼の錬金術師 #26 オープニングエンディングが変わった。EDのウィンリィ萌えぇ
【-】春満開ギャグアニメ三連発 夕陽のガンマンに贈る情熱のバラは咲いちゃったスペシャル
【2】テニスの王子様 #126 でたー!サイクロンスマッシュ!!いやはや意味が解りません。
【4】宇宙のステルヴィア #22 大きなウリエッタは小さなアレサの集合である。ちょっと拍子抜けな宇宙人の結末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.02

4/2鑑賞 火星の流儀は一味違う

【-】激☆店 水野愛日
【-】Anime-TV #182 キッズステーション最後の放送、続きはカミングスーンTVで・・・私は見ないけど。
【6】絢爛舞踏祭ザ・マーズ・デイブレイク #01 火星の海中でラウンドバックラーと呼ばれる人型兵器の戦い。メカの細かいギミックとかBGMとかが結構良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.01

4/1鑑賞 何て奥が深いの妹萌え

【5】PEACE MAKER 鐵 #16 最初の頃は鉄之助がウザかったが最近は鉄之助の兄貴がウザいんですよ、鉄之助はそうは思わなくなってきたのに、そんな事よりほたる萌えぇ。沖田総司の偽者登場。
【5】ミルモでポンごおるでん #24 [最終回] あれだけ堂々と二人から告白されて選べないって結木君よ~。“わんだほう”があるせいで何とも無難な終わり方ですな。
【8】住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー #08 シスプリにおねてぃ「草冠に明るいと書いて“萌え”」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »